色々なチャットレディ

ライブチャットの中で男性ユーザーとやり取りをする女性のことをチャットレディーと言います。
このチャットレディーにもいろいろあるようで、少し調べてみました。

まず、通勤チャットレディーと在宅チャットレディーがあるようです。
正直、在宅チャットレディーの募集広告がインターネット上で溢れすぎていて、チャットレディーは在宅のみだと思っていました。

しかし、良く考えてみると、家の中でそんな仕事できないというご事情の方も多いでしょうから、当然と言えば当然ですね。
実家暮らしの独身女性なんかは特に在宅は無理でしょう。

通勤チャットレディーは、普通のアルバイトやパートに行くような感じで、シフトみたいなものがあるようですね。
おそらく仕事の内容からして、ある程度融通は利きそうなイメージはありますね。

在宅チャットレディーは、結構、仕事の時間が自由だというのを何かの記事か広告で見たことがあります。
空いている時間に副業感覚でやるのでしょう。
(実際は副業以上に稼ぐ人が多いのかもしれませんが……)

このようにまず、通勤チャットレディーと在宅チャットレディーに分けられます。

ただ、女性にとって重要なのは、その分けられ方ではないです。
重要なのは、アダルトチャットなのかノンアダルトチャットなのかです。

アダルトチャットとは、文字通り、アダルトサービスを行うチャットです。
ただし、強制的な感じではなく、自分のできる範囲のアダルト内容でお仕事が出来るそうです。

ノンアダルトチャットは、世間話のような感じですね。
時折、下ネタに近いような会話はあるかもしれませんが、エッチな行為をするチャットではありません。

その2つの大きな違いは、内容もそうですが、収入だと言われています。
ノンアダルトチャットですと、実質1500円程度なので、探せばそれくらい稼げるパートやアルバイトもありそうですが、アダルトチャットは破格です。
そのチャットレディーの能力によって異なりますが、平均で時給3,000円~4,000円と言われています。

たしかにそれくらいの差があっても不思議ではありません。
アダルトチャットの場合、ほぼ100%エッチな内容になるでしょう。
中には、テレフォンセックスをさせられたり、上の服を脱がなければいけなかったりすることもあるでしょう。
いくら強制的な感じではないと言っても男性ユーザーの要望を簡単に断るのも難しいでしょう。
それくらい出来る!といった女性は、アダルトチャットでも良いかもしれませんね。
凄く稼げると思います。

こういったライブチャットのようなサービスは、これからもどんどん増えそうですね。
男性がオナニー以外に、在宅で自分の性的欲求が満たされる時代になったのですね。

Comments are closed.